Month – 6月 2000

ハードルアーで初バスデビュー

2000年6月末

この日も私はフローター。crankyさんは最上流よりおかっぱり。私がスプリットショットで攻め倦んでいると、なんとcrankyさんから、フローティングミノーで大爆釣中と連絡あり!!もう彼に教えることは何もない、などとどっかで聞いたセリフをつぶやきながら、私もこっそりハードルアーにチェンジ・・・

 この日は天気が不安定で、雨が降ったりやんだり。私はフローターに傘をセットし、レインコートを着たり脱いだりしながらやっていた。やがて、つかの間の晴れ間が出たころ私は疲れてきて、そろそろあがろうと思っていたとき。

 突然バケツをひっくり返したような土砂降りが来た!!おまけに、雷がなっている。私はこのまま湖面を移動するのは危険と考え、木の枝の下へ浮いたまま避難。念のためロッドは離れた場所に置いた。この雨でcrankyさんも退却。しかし彼はこの日、完全にバスフィッシングにはまったのである。

ハードルアーが効くシチュエーションは間違いなく存在する。いつでもワームがベストとは限らないと、いい勉強になった。

初心者、バス釣りを教授

2000年6月

ある日の午後。私はさわやかな天気のもと、まるでヘラ釣り親父のように流れ出し突堤の上に座り込み、スピニングタックルでノーシンカーをキャストしていた。コバスやギルのスクールが手にとるように良く見える。すると、携帯電話に着信。

 私のお客様でもあり友人でもあるcrankyさんだった。今こちらへ向かっているとのこと。彼はバスフィッシングを始めたばかりで、まだバスの釣果はゼロ。私は先日、恐れ多くも彼のインストラクターを引き受けさせてもらったのである。

 やがて彼が到着。突堤に車を置き、歩いておかっぱりすることに決定。先日まではノーシンカーでコバスの15センチから20センチくらいのが結構釣れていたのだが、この日はまだノーバイトだった。私たちはまずメインワンドの手前、小さな入り江に立った。

 すると、なんといいサイズの奴が岸際の倒木のあたりをうろついてるではないか!コバスの群れと一緒にいる。ギルが近づくと追い払っている。私はcrankyさんに、サスペンドミノーを勧める。

 しかし、私たちに気づいたのか、全くアタックしてこない。あきらめて、メインワンドを後回しにしてアシの生えるシャローへ向かう。

 二手に分かれて、私はアシ際にフローティングミノーをキャスト。リトリーブし始めたとき、いきなりヒット!!19センチほどのコバスが、自分とさして大きさの変わらないルアーをくわえていた。私はすぐさまcrankyさんを呼び、ノーシンカー、フローティングミノー、ポッパーなど投げてもらったが、反応が止まってしまった。

 最後にメインワンドにて、ノーシンカー1本で攻める。すると、crankyさんにヒット!!初バスかぁーとおもいきや、いいサイズのギルであった。 

この日はクランキーさんの初バスデビューはならず!

ワーム(ソフトプラスティックルアー)の威力!

初めてバスを釣り上げたのは、ポッパーというハードルアーでした。その後は馬鹿の一つ覚えのようにポッパーばかり投げていた私。

バスフィッシングを教えてくれた師匠に、「そろそろ他の釣りも覚えないと・・・」と勧められ、ミノーやスピナーベイト、ペンシルベイトやクランクベイトを少しづつ揃えていた。次に覚えたのはラバージグ!

ポッパーとラバージグという、極端なスタイルで今まで釣りをしていた私だったが、色々な本を読んだり、師匠の勧めもあり、今年からワームでの釣りを覚えようと決めた。

一度ベイトタックルでの釣りを覚えてしまうと、スピニングが握れなくなっていた私。ベイトではゲーリーヤマモトの4インチグラブをノーシンカーでキャストすることが困難なので、スプリットショットリグでワームフィッシングをスタートした。

この日は魚影が濃く、おかっぱりでも子バスならガンガン釣れた。ゲーリーテールカット4インチグラブのフライングイモは強烈に効く。

翌日朝、とりあえずスプリットショットリグにウォーターメロンの4インチグラブという定番中の定番でフローターを漕ぎ出す。

朝の四時入水。今日は仕事前に4時間くらいはできるペース。第2流れ込みより入り、まず赤土の岩盤沿いを狙う。まだ周辺は霧がすごく、視界が悪い。岩沿いねらいの3投目で来た。ワームでのあたりが取りづらい。何とか25センチを上げる。次に、岩がくぼんだイカにもな場所へキャスト。かなり沈めた所でヒット。しかし重い。ものすごいファイト。昨年の36センチと感覚が似ていた。上げてみると自己記録更新の38センチ!誰もいない野池に私の雄たけびがこだました。

 「やったでぇーーーーー!!」

その後37センチを1本、20センチ前後を2本、16センチのコバスを1本、とどめに28センチを1本上げてタイムアウト。約2時間で7本なんて、生まれて初めてで「釣りやってて良かった・・・」

やっぱワームのほうがつれるのかなー?しかし、それは間違いであることにこの後気づく出来事があり、それが、私の釣りのスタイルに大きく影響することになる。