バス釣り初心者の誤解・・・この寒さで釣れるのか?

2000年4月初旬

今日は名古屋の連れが釣行かねて帰郷。いっしょに近所の野池へ。

まだ肌寒く、日陰には雪が残っていた。なんと、日陰の湖面はまだ凍結している。私はフローターで出撃。連れはおかっぱり。

 

 水はまだ異様に冷たい。私はしびれる足に鞭打って、急深のがけ下をラバージグで丹念に狙う。水深約10メートルはある場所だが、全くのノーバイト。世間ではプリスポーニングのバスが元気に走り回っているようだが、ここ飛騨高山ではまだ冬パターンのようだ。結局ノーフィッシュのまま、退却。2時間水に浸かっていた私の足は、しびれてしまって、フローターから降りるのも困難であった・・・

 はやる気持ちを抑えて、完全に氷が溶けるのを待つのみ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>