今期初フローター

2002年4月20日 天気曇り時々晴れ 気温?度 風ややあり 水温16度

 師匠からお誘いがかかった。フローターによるナイトバッシングである。初めての試みにわくわくしながら準備。10時まで相談室、その後自分の仕事を片付け、フローターのセッティング完了時には既に午前2時を回っていた。今日も仕事が午前だけ入っているので、朝8時までの釣りである。寝てない!

 午前3時過ぎ入水。2人とも迷彩カラーのウェアに身をつつみ、ヘッドランプの明かりだけを頼りにスタート。さながら特殊工作部隊の趣である。あやしい2人は真っ暗闇の中を音もなく水面を移動しながらノイジープラグ・バズベイトをキャストしていく。

 2人でわくわくしながら暗闇を進む。時折わけもなく笑ってしまうほど心が高揚している。まるで悪ガキのいたずらだ。

 しかし、バスの反応は渋い。師匠が2バイト、私が1バイト感じた頃白白と夜が明けた。風が吹き始め、冷たい水も影響してからだは冷え切ってしまった。恋しい太陽はまだ厚い雲の中だ。

 上流入り口付近で、師匠のラバージグにバイトがあり。やや深めのタナにバスはいるようだ。私はメインタックルをクランク・スピナベからテキサス・ラバジにチェンジ。ここでなんとダブルヒット!師匠も私もそれぞれ魚をかけ、同時にファイト開始!しかし、師匠がカバーに巻かれてばらし、私も直後手元で豪快なえら洗いを食らいばらしてしまった。

 2人とも悔しがるも、久々のフローターバッシングのせいか、目をあわすと思わず笑ってしまった。

 私は上流域の攻め全てを、ゲーリー4インチグラブのライトテキサスに絞る。最後にエントリーポイント近くのブレイクでようやく1本のバスをしとめた。

 この後の仕事はつらかった(ToT)夕べ一睡もしてないため、昼に仕事終了したときはグロッキー状態。久々に昼寝しました・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>