ラバージグのスキッピング、効きます

2001年7月21日 天気晴れ 水温24度

日中は大変暑いので、4時半にフローターを出して8時に上がってきた。

 到着すると師匠がトップを投げていた。やがてクランキーサンも到着。3人で思い思いのポイントへ。始め師匠と二人で最上流へ向かうが思わしくない。2人とも時間がないので途中から下流へ向かう。師匠は大岩沿いを早めにチェックすると第一ワンドへ。私は、天気が良すぎてワンドの奥は厳しいと考え、大岩の後対岸へ。大岩でバイトがあったがばらしてしまった。

 昨日1本上げた赤松のレイダウン不発。毎年好ポイントとなっている大きなオーバーハングの奥で一度バイトあり。しかし乗せられず。そのまま白い1本立ち木まで来てしまう。その右の超ヘビーカバーへスライディングジグをスキッピングさせるが反応なし。今度は左側のやや小さいオーバーハング下へ叩き込む。と、「カッ」というあたり!!すかさずシャウラを振り上げるとすごい勢いで走り出す。「でかい」そう思った。先日の42センチより数段引きが強い。しかもフローターのため引っ張られそうになる。一気に寄せてごぼう抜き。「やったー」と思ったのもつかの間、思ったほど大きくない。重量はかなりあるが・・・今回も確実にあたりを捉えることができ、上あごにがっちりフッキングしていた。ここにかかればまずばれない。

 計ると38センチ。しかし猛烈なヘッドシェイクで楽しませてくれました。この1本で後はノーバイト。帰宅した。

 タックルは、シャウラ1502R+バンタムスコーピオンメタニウムXT+バスザイルフロロ12ポンド+デプス・スライディングジグ3/8オンス+ケイテックダブルテールトレーラー。ジグとトレーラーはいずれも黒。

ラバージグに限らず、スキッピングは水面を派手にルアーが滑っていくので、バスに発見してもらいやすい・リアクションを起こさせやすいというメリットがあるみたい。

上あごにくらいついたスライディングジグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>