師匠、49センチゲット!

2001年7月15日 天気晴れ水温22度

久々の日曜休み。この日は以前琵琶湖へ同行したNさんとフローター。昨日の夕立でできた葦際ドレインにぶち込んだスピナベに30センチがアタック。幸先よくスタート。しかしいまいち反応がよくない。エアリアルにマッチョ4インチをノーシンカーでりぐり、表層をゆっくり引くとバイトがある。しかしサイズは20センチから25センチとあがらない。ダムサイト周辺は不発、上流入り口でコイについて泳ぐバスを見つけ、隠れたブッシュへスピナーベイトを叩き込むと一発でバイト。これも30センチ。非常に元気がよく、よく引いた。Nサンはアーマードスイマーとノーシンカーで丁寧に攻めるが、結局坊主に終わった。昨日の夕立で上流域はにごりがはいっていたが、そちらの方が魚影は濃かった。

 私達はお昼12時帰宅。この後師匠が1人で釣行。なんと、フィールドを3週し、執念で49.2センチをゲッット!!場所はやはり上流。以下は興奮冷め遣らぬ師匠からの℡。

「オーバーハングの下へスキッピングで入れたカルティバ・フラジグ1/4+ゲーリーグラブのトレーラにかすかなあたり。あわせて見るが全く動かないため、ラインを巻き取りつつ接近すると突然走り出した。冷静にファイトして、なんとか抜き上げると超大物。周りにいたゴムボートやフローターの人たちも驚いた。サイズは49.2センチ。めちゃめちゃ重かった。」

 ちなみにタックルデータは以下のとおり。

ロッド ダイワハートランドZ

リール シマノカルカッタ101XT

ライン 8ポンドナイロン

ルアー カルティバ オフセットフラジグ+ゲーリー4インチグラブトレーラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>