ゴミ拾い-フィールドを守るために-

今年は春の訪れが大変早かった飛騨高山。

すっかり雪が溶けて湖面の氷がなくなった、いつもの野池へ・・・バスはボーズでしたが・・・

これは去年のゴミなのか・・・今年既に捨てられたのか・・・

地道に拾い集めると大型ゴミ袋1パイ!

あのねー、これってバス釣りの人のゴミばかりじゃないと思います。いつも拾ってて思うんですけど。

  • キャンプ、ピクニックに来た
  • ゴミ投棄目的で来た

こういったゴミが7割だと思います。

バス釣りするやつはマナーが悪いとか、こちらでもよく言われます。この野池は捨てラインが鳥の足に絡まるのを防ぐため、日本野鳥の会の方々がゴミやラインの回収活動をしています。

でもその捨てラインが、はたして全てバス釣りのラインなのか?実際にバス釣りやってる人でないとわからないでしょう。僕がいつも拾ったり回収すると、5割はバス釣り以外の釣り人ーコイ釣り、単なるえさ釣り用ラインや仕掛けーが捨てられている。

また、個人を特定できるようなゴミも落ちてます。明らかに、車の中のいらないものを、投棄目的で捨てていっているという・・・郵便物やボーリングのスコア表、ガソリンスタンドの不要になったポイントカード、病院の診察券などなど・・・

地元のマスコミも、ダム湖のゴミ=バス釣りが原因 みたいなことを平気で書いてますけどね。。。

我々バス釣りをするものが、まず、ゴミを拾って帰るようにならないと。ラインやワーム袋をポイしないようにしないと。この風潮はいつまでも消えないのでしょう・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>